人間関係・対人関係の話し方教室(東京)|より良いコミュニケーションで、相手との人間関係を改善する!

自分が理解していることを話し、応答は明確な言葉で伝える

より良いコミュニケーションを実現させるには、言葉だけが問題ではなく相手との人間関係の改善が必要になってくる。ではいかにしてコミュニケーションの中でそれらを改善していくのか、その方法をドラゴス・ルーア氏がライフハックの記事で紹介している。

あなたが話すことは、あなた自身が全て理解しており意味のある内容でなければならない。そのため考えがまとまっていなかったり、終わり方が決まっていなかったりする場合は話し始めないことが大切だ。

また、応答は明確に行うことが対人コミュニケーションの基本であるため、「ああ」や「ええ」などといった曖昧な言葉は避けると良い。コミュニケーションはスカッシュのようなもので、壁に当たったボールが跳ね返ることを計算して動くように、予測不可能な返答があったり、話し方をされたりすると、相手が混乱しまう可能性が高くなるからだ。

会話では自分の正しさを主張したり、相手の間違いを正すより、相手の話の理解に努める

あなたや相手の話している内容が正しいのか間違っているのかは、精神的な構成要素でしかなく、ある文化では正しくてもほかの場所では誤りとして扱われる可能性もある。

そのため、話の内容などが正しいのかそうでないのかを判別したり、あなたが正しいと証明したりするための時間は無駄だと言える。

会話の半分以上を話すことだけに費やしていると、大きな時間を失ってしまう。理想的には聞く時間を多くして新しい情報や価値を見つけるべきだ。質問を投げかけられれば、相手に話を理解しようとしていることが示せるほか、より深く話をしてもらえるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/人間関係,対人関係専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/人間関係,対人関係/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供