話し方教室東京 教養講座-ビジネスを成功に導く上司のコミュニケーション!

部下のフィードバックを積極的に聞く、適切なコミュニケーションツールを使用する

会社の規模に関係なくビジネスで成功するためには、効果的なコミュニケーションが必要不可欠だ。実際マネージャーが情報やデータをしっかりと共有すると、従業員全体の50%が生産性とモチベーションが上がったという調査結果もある。ではどのようにして効果的なコミュニケーションをしていくのか、その方法をジャンヌ・サン氏がフィードスターの記事で紹介している。

まずは従業員からのフィードバックにしっかりと耳を傾けると良い。従業員は常に顧客からの不満や意見を聞いており、現場のことを一番理解していると言える。マネージャーから定期的にフィードバックを求めることで、改善点などをいち早く知ることが可能だ。

また、メール・Slack・Zoom・Trello・Skypeなどを活用して、いつでも確実に従業員とコミュニケーションがとれる環境を構築するべきだ。またリモートワーカーがいる会社では、より効率的にコミュニケーションがとれるツールを導入しておくと良いだろう。

定期的にコミュニケーション機会を、上司はオープンな姿勢でコミュニケーションを

従業員とのコミュニケーションはビジネスの改善に欠かせないことだと言える。毎週・毎月1回などといったように、対面形式若しくはビデオ会議の機会を設けて、問題や課題などについて話し合うと、新しいアイデアなども生まれてくるだろう。

また、従業員がコミュニケーションをしたいときに、いつでもアプローチがかけられるように、マネージャーなどはオープンな姿勢でなければならない。上司がそういった姿勢でコミュニケーションをするようになれば、ポジティブな内部コミュニケーション環境が構築される。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会