話し方教室東京 教養講座-リーダーはチームが協力して達成できるように導け!

リーダーだけが優れているのではなく、チームで達成することが重要

ユニオン社では、あらゆる形式の広告とデザインを含む、いろんな種類のクリエイティブコミュニケーションサービスを提供している。具体的には、クライアントと直接仕事をしながら、ライバル会社に差をつけるような販売方法や成長を支援している。

同社のマネージングディレクターである、クライヴ・ゴールドスタイン氏はブランド戦略業務を専門とし、すべてのクライアントブランド開発プロジェクトをリードしている。氏のリーダー論をご紹介しよう。

彼によれば、リーダーだけが優れているのではなく、チームが協力して達成できるようにすることが重要なのだと言う。

リーダーは信頼関係を構築しチームを導いていく

確かにリーダーは、知識と経験を活用してチームを導いていく必要がある。それには信頼がなければならないし、スタッフやクライアントの意見も十分に理解しなければならない。

そしてリーダーがチーム全体を助けながら、要所要所でふさわしい責任者を選ぶ能力も大事である。

リーダーは偉人である必要はないが、スタッフの模範になる必要がある

時には息抜きもすると言うが、氏はビジネスやクライアントが好きなのだと言う。それだけでなくチャレンジや変化、そして自分のことも大好きだとのことである。

この好きという気持ちは、リーダーのみならずビジネスを続けていく上で大事なことである。特にリーダーがビジネスを愛する気持ちがないと、スタッフのモチベーションは上がらないものである。

また彼は、多くの有名なクライアントや、才能にあふれる同僚と共に成功したことはラッキーだったと感謝を忘れない。このように、おごらず正直でいられることは、簡単なようで難しい。リーダーは偉人である必要はなく、スタッフみんながこうあるべきだと言う姿勢を、日頃から実践するべきである。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会