会話・雑談の話し方教室(東京)-思春期の子供への親の接し方・話し方とは?

思春期の子供のコミュニケーションと健康を改善する

思春期は変化と発展の機会であり、そのような子供を持つ親は、どれくらい影響を与えるか注意が必要だ。ニュース・メディカルライフサイエンシズでは、思春期の親子の実験結果を報告している。

この調査は、ジャーナルオブ・ピーディーアトリクスで発表された。十代の子供のコミュニケーションと健康を改善することを目的に行われたもので、心理学の研究チームが、親子のコミュニケーションによる影響を調べた。

十代の子供のコミュニケーションと健康に親子間コミュニケーションはどう影響?

チームは、十代の子供にどのように接するか、話し合いをする上でのヒントなどを盛り込んだ小冊子を作成した。

調査の対象となったのは、13~15歳の少年少女120人とその親であり、小冊子とディスカッションによるコミュニケーションの指示を受けたグループ、受け取らなかったグループに分け、2か月後の経過を調べた

親は子供の変化と成長を理解し、一方的な話し方をしないこと

結果は、小冊子を受け取った両親の子供は、2か月後に苦痛が減少し、落ち着きと幸福感が増加したのに対し、小冊子を受け取らなかった両親の子供は苦痛が増加し、感情面では減少したことが明らかになった。

ただし思春期は両親と率直なコミュニケーションが困難であり、親に対する子供の態度などは変化していない。

10代の若者は、両親とのつながりを維持しながら、同時に別のアイデンティティを築く必要がある。両親はその変化と成長を理解し、親からの一方的な話や押しつけをしてはならないとしている。

■ 記事関連・話し方講座/親の会話,雑談力専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/親子コミュニケーション/話し方教養講座・スタッフ委員会 提供