会話・雑談力の話し方教室(東京)-親は子供とうまく会話をすること!

親と子の会話は、大切な教育であり、絆である

子供にとって親とのコミュニケーションは、将来のコミュニケーションの基準を形成すると言われている。また、コミュニケーションをとることで子供との絆を深めることも可能だ。

ではいかにしてうまく子供とコミュニケーションをとっていくのか、その幾つかのヒントを、クリスタン・ハワード氏がスマートペアレントアドバイスの記事で紹介している。

子供と定期的に会話をする時間を設け、大人と同等に扱って話す

小さな子供だと毎日様々なことに追われてしまい、学校に急いで行かせてベッドに押し込むことで1日が終わってしまうこともある。しかし、食事や家庭の中でコミュニケーションの時間を定期的に設けることで、子供により会話をしようとする気持ちを持たせられるだろう。

また、セラピストのように話しかけるのではなく、子供も大人と同等に扱って話すように心がけると良い。親の正直な感情を子供と共有できる環境を構築すれば、子供も感情や話したいことを共有するようになっていく。

親は子供の話を最後まで聞く、会話を広げるフレーズを

子供は覚えた言葉を深く掘り下げて、自分自身を表現するために励ましや相手の反応を必要とする。

そのため親は「わぁ、もっと話してみて!」や「それはすごいね。もっと続けて!」、「すばらしいことだね。もっと教えて。」などといったフレーズを言ってあげることで、会話が更に広がっていく。

また、子供はそれぞれのペースで話すため、急がせると慌ててしまいうまく離せなくなってしまうことがある。子供が完全に話し終えるまで待って、しっかりと聞いてあげるだけでも、文の構造と語彙をより理解することや発達の手助けとなる。

■ 記事関連・話し方講座/親の会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会