あがり症克服の話し方教室(東京)-パブリックスピーキング能力を開発して、自分の可能性を広げよ!

スピーチやプレゼンテーションはマスコミュニケーションに似ている

「ザキャリアハブ」では、パブリックスピーキングの重要性を説いている。

スピーチやプレゼンテーションなどのパブリックスピーキングは、マスコミュニケーションやジャーナリズムに似た側面を持つ。

大衆を相手にしたコミュニケーションであり、聞き手に対する「情報伝達」と「説得」を目的とする。話し手は、聞き手の理解を促して行動変容に繋げる。

聞き手が求める情報を聞き手目線で伝える、聞き手を引き付け理解を促す

パブリックスピーキングでは、聞き手が求める情報を聞き手目線で説明することが重要になる。話し手主体ではなく、聞き手主体の情報伝達を意識する。聞き手の理解や共感が得られてこそ、影響力は強まり、聞き手を説得できる。

あわせて、聞き手の理解を促すうえで、興味・関心を引き付けことが求められる。それゆえ、単なる情報伝達では不十分である。パブリックスピーキングでは、情報伝達にエンターテインメント性を加えることにより、より聞き手の注意を集められるという。

パブリックスピーキングの不安・緊張・あがり症は準備と練習で克服

まず、人前で話す状況下において、不安や緊張を感じるのはごく自然な反応である。そのため、パブリックスピーキングに伴う不安や緊張を恐れる必要は全くない。むしろ、素直に受け止めると良い。

そして、ナーバスな状態でも人前で話せるように、入念に準備と練習を行う。つまり、パブリックスピーキングの成功の鍵を握るのは、準備と練習である。

話し手は、聞き手について理解したうえで、聞き手主体の情報提供を聞き手主体に説明できるように準備する。パブリックスピーキングを通じて、聞き手が求める情報を提供し、疑問を解決する。

しかしながら、単なる情報提供では、最初から最後まで聞き手の興味・関心を集め続けるのは難しいだろう。聞き手が集中できる時間は短いため、話し手は、時にユーモアを交えながら聞き手の興味・関心を引き付ける。

また、パブリックスピーキングを通じて、話し手自身の個性や性格、人となりを伝えながら、聞き手に対して感情的に訴え掛けると良い。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会