あがり症克服の話し方教室(東京)-人前でのスピーチの不安や恐怖を最小限にするものは準備と練習だけ!

人前で話すことに緊張、恐怖、不安を感じない人は殆どいない

「バンディ ニュース」では、パブリックスピーキング能力ならびにパフォーマンスを向上させるには準備と練習が重要になると強調している。

人前で話すことに何の抵抗も感じない人はごく僅かである。多くにとって、パブリックスピーキングに対する恐怖は死の恐怖に勝る。たとえプロの話し手であっても、人前で話す状況に恐怖、不安、緊張を感じるという。

そこで、入念な準備と練習が欠かせない。不安や恐怖を最小限にすることによりパフォーマンスは向上し、聞き手の記憶に残るパブリックスピーキングが届けられるという。

準備と練習を通じて、パブリックスピーキング能力に磨きがかかり、話し方や伝え方がより良くなる。聞き手への訴求力が増し、話し手のメッセージは強く印象付けられ、聞き手の記憶に残る。

目標を設定した上でスピーチの練習すること

パブリックスピーキングの練習をするうえで、目標設定が重要になる。目標を設定することで練習に対するモチベーションは高まり、正しい方向で努力できる。努力の方向性を間違えると、いくら努力しても結果は出ずに報われない。

ことわざ「継続は力なり」と言われるように、パブリックスピーキングにおいて練習は重要であり、練習の継続によってパブリックスピーキング能力は磨かれ、パフォーマンスの向上につながる。

そして、パブリックスピーキング内容は、聞き手主体で構成・展開する。パブリックスピーキングは情報伝達が目的であるため、聞き手のニーズや知識レベルなど聞き手について正しく理解したうえで伝える情報を選定し、聞き手が理解できる伝え方を考える。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓