あがり症克服の話し方教室(東京)-準備と練習でパブリックスピーキングの緊張・恐怖を克服せよ!

人前で話す時の緊張・恐怖を克服するには

「USウィークリー」では、パブリックスピーキングの恐怖を克服するうえで、準備と練習が重要であると紹介している。

聴衆規模(小規模あるいは大規模)に関わらず、人前で自分の意見や考えを伝える状況に恐怖や不安、緊張を感じる人は少なくない。さらに、「目の前の聴衆をジャガイモだと思え」「人を見たらカボチャと思え」とは言うものの、極度の緊張状態では、そういったイマジネーションは難しい。

時間を掛けて入念にスピーチの準備をする

パブリックスピーキングにおいて、準備は極めて重要である。準備不足によって人前で話すことに対する恐怖や不安、緊張といったネガティブな感情を助長させる。

つまり、恐怖は常に無知から生まれ、知識によって恐怖は克服できる。そこで、十分な時間を掛けて入念に準備する。例えば、内容を熟知し、想定される質問に全て回答を用意する。知識を身に付け、自分が話す内容を深く理解することにより、パブリックスピーキングの恐怖に打ち勝てる。

とにかく練習を繰り返す、練習量に比例して緊張や恐怖は和らぐ

練習は完璧につながる。鏡の前で話す、家族や友人を前にして話すなど人に見られながら話す練習を重ねるほどパブリックスピーキングに慣れ、安心感が得られる。

人前で話す状況下ではある程度の緊張は伴うものの、練習量に比例して恐怖や不安は和らぎ、本番では実力以上の力を発揮でき、完璧に近いパフォーマンスができるようになる。緊張せずに自然体で話せるようになり、話し手の人となりやパーソナリティが伝わり、訴求力は増す。

あわせて、パブリックスピーキングでは、原稿や台本にとらわれ過ぎない。細かい言い回しまで自分が話す内容を一字一句書いた原稿を丸暗記するのではなく、話の構成や展開、話の流れ重要事項、キーワードやキーフレーズ、事実やデータなどのメモだけで、自然に話せるようになるまで練習を重ねることだ。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓