あがり症克服の話し方教室-あがり症の原因を正しく理解し、人前で話す恐怖を克服する!

パブリックスピーキングの恐怖を克服しよう

「フォーブス」では、パブリックスピーキングの恐怖を克服するには、恐怖を受け入れ、恐怖の原因を正しく知って対処することが重要であると説明している。

パブリックスピーキングに伴う恐怖や不安、緊張といったネガティブな感情を解放すると、自信をもって堂々と人前で話すことができる。伝えたいメッセージを強く印象付けられ、相手と知識を共有でき、自分の意見や考え、アイデアを広められる。

人前で話すことは、誰にとっても怖いもの

誰だってパブリックスピーキングは怖い。これは、ごく自然な感情である。人前で注目されること、他者から否定的評価を受けること、相手が理解できるように伝えることなど、話し手は脆弱な状況に置かれている。

それゆえ、本能的に恐怖を感じてしまう。人は危険や脅威を感じると脳の偏桃体(ストレス、不安、恐怖など情緒反応の処理・記憶を司る)が過敏に反応する。

その結果、動機、手汗、口の渇き、体の震えなどの身体反応が生じる。この身体反応は防御反応の現れであり、コントロールはできないという。

恐怖症や、あがり症の原因を正しく理解して克服する

パブリックスピーキングにおいて恐怖を感じる原因は個々によって異なり、例えば、過去の体験や経験、トラウマ、準備・練習不足、自信の無さ、ミスや間違いに対する不安、相手の反応、他者の視線、他者による批判的評価など挙げられる。

したがって、パブリックスピーキングの恐怖を軽減するには、自分の心と向き合って恐怖の原因を探ってみることが求められる。恐怖を引き起こす原因によって、対処法は変わる。根底にある原因を正しく理解することによって、パブリックスピーキングの恐怖に対処できる。

大切なのは、自分でコントロールできる要素に焦点をあて、それらの改善に取り組むことである。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓