話し方教室「人前で話すときの『あがり症』を克服するコツとは?」(話し方講座東京)

スピーチの「あがり症」に、いかに打ち勝つか

緊張や不安で、スピーチの際に、あがったり、恐怖を感じている人がいます。つまり「あがり症」の人達です。しかし、それはいたって普通のことです。何も日本だけの事情でもありません。全世界共通のことであることは過去の色んな調査で証明されています。

そして、その恐怖を払いのけることが「可能」であることも、全世界共通なのです。今日は、その恐怖を払いのけるいくつかのコツをご紹介しましょう。

テーマについて熟知すること、何度もスピーチ練習をすること

そのコツの第一は、あなたが話そうとしているテーマ(内容)について熟知していることです。そうすることでミスを少なくでき、仮に不測の事態があったとしても、より素早く解決できるようになるのです。

また、もし聞き手から質問があった場合でも、内容を「熟知」していれば問題なく回答することが可能です。

そして第二のコツは、できる限り何度もスピーチの練習を行い、自信をつけることです。かのスティーブ・ジョブズ氏(アップル創業者)でさえも、プレゼンテーションの本番前には20回以上もの練習をしたといわれています。

あがり症克服の決定版とは?

ほかにも、ポジティブ思考で臨むことや、緊張や不安を和らげるために深呼吸をする、などのコツもあります。しかし、初心者の方にとっては、どのコツも実践するには骨が折れることかもしれません。

そこで対策を一つご紹介します。それは、実績と伝統ある話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京で学ばれることです。それをお勧めします。

そうすれば、上記のコツは、具体的に「こういうことだったのか!」ということが、時間をかけずにモノになります。実は、入学のための、その一歩を踏み出す勇気が「あがり症を克服」するために一番必要なことかもしれませんね。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/あがり症克服/学院総長監修/入門教養講座・スタップ委員会