話し方教室東京 教養講座-職場での積極的なコミュニケーションを実現する!

従業員が自分の仕事を改善できないことがコミュニケーションを妨げる一因に

従業員の満足度・幸福感・自尊心のレベルは仕事に大きな影響を与える。サポートの欠如、時間の制限、優先順位の矛盾などがあり、従業員に「コミュニケーションをもっと積極的に行う必要がある」と言っても、現実的ではない場合もある。

では職場での積極的なコミュニケーションを実現するにはどうしたら良いのか、プリンス ペレルソンが記事でいくつかのポイントを紹介している。

積極的なコミュニケーションを妨げる原因の1つに、自分の仕事を改善できない状況が挙げられる。何が従業員を悩ませているのか調べ、ワークフロープロセスやテクノロジーと関係するのであればそれらを改善すると良い。従業員に上司であるあなたが、仕事の環境などを積極的に改善すると伝えることで、より積極的にコミュニケーションをとろうとするようになる。

従業員がいつも自由にフィードバックできる環境構築を

また悪いアイデアや質問は存在しないと思わせることで、いつも自由にフィードバックができる環境を構築すると良い。より積極的に正直なフィードバックをしてもらうために、ツールを導入して匿名でコミュニケーションがとれるようにするのも1つの手だ。

さらにチームビルディングのためのエクササイズを実施することで、チームの全員がリラックスしたレベルで互いに親しみやすくなり、職場でのコミュニケーションと生産性が向上する。チームビルディングをする理由とその目標を明確にしておくことで、チームワークの構築により寄与していくと言えるだろう。

小さな成功であってもそれを達成するたびに、励ましたり褒めたりすることで、個人レベルだけでなく、組織としても成長できる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会