話し方教室「脳の働きを理解して、コミュニケーション活動を」(話し方ニュース東京)

脳の働きを知ることが、コミュニケーションに重要

ローソン・アビナンティ氏は2月14日、「ニューロマーケティング」という本の内容をマーケティングのプロに向けて紹介し、脳の働きを理解することがコミュニケーションにとても重要であるとする記事を掲載した。

人間の脳には大脳、感覚を司る中脳、原始的な部分と3つの部分がある。意思決定にはこのうち3つめが大きく関与している。

ノーベル賞を受賞した心理学者、ダニエル・カーネマン氏も脳には2つの決定システムがあり、そのうち素早く決断を下すシステムが優勢だとしている。これが原始的な部分に当たる。

脳の原始的な部分を刺激すると、マーケティングに効果がある

脳の原始的な部分に届く刺激には、次の6つの特徴がある。

1.自分に直接関係がある
2.対比が明確
3.インプットが簡潔
4.最初と最後が重点的に
5.視覚刺激が優先的に
6.感情に左右される

書き言葉はこの部分の脳では理解されない。難しい言葉を使うと、意思決定の妨げになる。最初に重要なこと言って最後にそれを繰り返すことは、はずせない方法だ。視覚に基づいて意思決定をするのは生存のために発達した能力だ。そして強い感情を伴った事柄は、思い出しやすい。

これらの特徴を利用してコミュニケーションを行うと、マーケティングの効果があがることが期待できる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会