話し方教室「メールは、コミュニケーションツールとして時代遅れになりつつある」

メールはコミュニケーションツールとして、時代遅れ?

Eメールがない時代、どうやって仕事していたのか今では思い出すのも難しい。しかし2月15日のフォーブスでは、昨今の進化で、Eメールはコミュニケーションツールとして時代遅れになりつつあるという。

次世代ワーカーはオープンフォーラムで議論?

メールが普及して約20年。専門家の調べでは、仕事での1人あたりのメールの送受信は123通、約6.3時間。しかしメールは今後時代遅れになるという。

なぜなら10代の若者たちには、電子メールの代わりにソーシャルメディア、インスタントメッセージ、テキストメッセージが好まれているからだ。

2012年の調査によると、若者の95%がオンライン・プレゼンス、81%がSNS、電子メールはわずか6%という結果になっている。

18歳から29歳までの世代でメール利用率が35%あるが、大統領選の速報などに見られるように、リアルタイムでグループなど、オープンフォーラムの議論を好むからだ。

自動応答メッセージでビジネスの生産性も高まる?

電子メールだけでなく、通信環境全体を変えることができる革新的なコミュニケーションの提供が実現する。それがメッセージの予測自動応答だ。

過去の相互作用から文章が構成され、返答の時間を短縮できる。今後のビジネスの生産性が高まると期待される。

話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/コミュニケーションニュース・スタップ委員会