話し方教室「ユーモアのある会話は、職場の生産性を上げる」

うまい冗談は、話者にも職場にも好影響

ウォールストリートジャーナルは2月20日、さまざまな最新の研究結果を引用して、職場におけるユーモアの効能をまとめた記事を掲載した。

私たちの多くは職場で冗談を言ってはいけないと思っているが、ユーモアのある会話は職場でのコミュニケーションを円滑にする働きがあるという。

ちょっとした皮肉のやりとりさえ、仕事でのクリエイティビティを高めるという研究結果が報告されている。これは、皮肉の理解が抽象的な思考を活発化させるからだろうと考えられている。

ユーモアは当たれば話者のイメージを良くするが

冗談がうまく決まって笑いを誘うと、話し手は自信に満ちた印象を与え、話の内容もより人々の記憶に残り、職場でのチームワークが円滑になる。話し手は不真面目と思われるどころか、自信にあふれ、優秀だと見なされる傾向がある。

しかしユーモアを交えて文句を言うと、真面目に文句を言った場合に比べてあまり真剣に対応してもらえないし、同情もされない。深刻だと受け止められないからだろう。

冗談には良い効果があるが、いつもウケルとは限らない。下手な冗談を言って失敗したときのイメージダウンは恐ろしい。

人間は長年の友人や夫婦の間でさえ、相手が何を可笑しいと思うか予想することが下手で、統計学的な推測にも及ばないという。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会