話し方教室「大人になってからの友人の作り方と、その意義」(話し方ニュース東京)

大人になるほど、友達を作る環境が少なくなる

サイコロジー・ツデイによると、人は大人になるほど友人を作る環境が少なくなるという。私達は、年齢を重ねるにつれて自分を知り、自己主張ができるようになる。そして自身が快適と思える過ごし方を求める。

しかし、そのことによって新しい友人を作る機会が減り、初対面の人とコミュニケーションをとるのが難しく感じることもあるのだ。

自分の性格を見つめ直すことからスタート

大人になってから新たな友人を作るには、まずは新たな人に出会う必要がある。新たな人に出会うためには、新しい何かを始める必要がある。

そして、新しく出会った人々と仲を深めて楽しく過ごすには、相手に「あの人と友達になりたい」と思われるような人物である必要がある。

そのために、「相手に知ってもらいたい」と思う自分の性格は何かを3つ出し、それを分かってもらうにはどんな行動をすればいいのかを考えるのである。

新たな場で友人を作ることは、健康と幸福につながる

人は他人との関わり無しには生きてはいけない。日々の営みの中で、友人を持つということは非常に重要である。新たな場で友人を作ることは、何歳になっても誰でも簡単にできることなのである。

そして、新たな環境を求めてそこで過ごすことは、自身の健康と幸福にもつながるのである。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/人間関係/話し方教室ニュース・スタップ委員会