話し方教室「口頭コミュニケーションと、文章コミュニケーションのスキル」(話し方ニュース東京)

多様化するコミュニケーション手段

近年、技術の進歩により、メール、メッセージアプリなどコミュニケーション手段は多様化している。「ツーソン」では、口頭コミュニケーションと文章コミュニケーションの特徴について紹介している。

口頭コミュニケーションは、誤解の可能性が低くなる

口頭コミュニケーションでは、言語、非言語の両面より情報伝達ができる。話し手は、聞き手の反応を見ながら、言語的・非言語的に直接伝えることができる。

聞き手は、会話の内容だけでなく、話し手の声のトーン、表情、ボディランゲージを通して、話し手の真意を理解する。その為、口頭コミュニケーションは、誤解が生じる可能性が低くなる。

文章コミュニケーションは、誤解が生じやすい

文章コミュニケーションでは、言語のみの伝達となる。受け手は、文章より送り手の真意を解釈する必要がある。会話の色調は読み取れない為、誤解が生じやすい。

誤った解釈により送り手に対して身構える、感情的に返答するなど、人間関係が悪化する場合も考えられる。

文章コミュニケーションを電話で補完

文章コミュニケーションでは、状況に応じて、電話など口頭コミュニケーションを図る必要がある。例えば、結びの挨拶は、受け手の解釈を左右する。文面が結びの挨拶で締め括られていない場合、受け手は送り手の意に反して否定的な意味合いに解釈する可能性がある。

コミュニケーションスキルにおいて、伝達手段は伝達内容より重要視されることがある為、注意を払うべきである。

話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタップ委員会