話し方教室「全米コミュニケーション学会は、行動する学会」(話し方ニュース東京)

全米コミュニケーション学会はMARCH FOR SCIENCEと提携

全米コミュニケーション学会は、科学研究と社会への応用をサポートするために組織された、国際的で超党派の運動「MARCH FOR SCIENCE(科学のためのデモ行進)」と提携している。

米国の「MARCH FOR SCIENCE」は、4月22日のアースデイに、ワシントンDCで開催される予定。ナショナルモールでの討論会も実施されるほか、全米ひいては全世界で、数百のデモ行進が計画されている。

ワシントンDCで実施されるデモ行進に参加する同学会員は特別に、アメリカ社会学会が主催する朝食会にも招待されているという。

科学的根拠に基づく政策決定が直面する危機に対抗

「MARCH FOR SCIENCE」は、科学や科学者、そして科学的根拠に基づく政策決定が直面する危機に対抗するための運動。

同主催者によると、予算カットや研究者に対する検閲、データセットの消去、政府系機関の解体などによって、人々の健康、食料、大気、水、そして仕事などがリスクにさらされるという。

全米コミュニケーション学会をはじめ、170以上の組織がこの運動と提携。主催者は、科学が果たす極めて重要な役割を守るための1歩だとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション教育/話し方教室ニュース・スタップ委員会