話し方教室「ソートリーダーの立場を確立し、情報消費社会を乗り切れ」(話し方ニュース東京)

情報消費社会では、ソート・リーダーの立場を確立すること

情報消費社会において、コンテンツマーケティング戦略は非常に重要とされる。顧客や消費者に対して、有益で信頼できる情報を提供することにより、ソートリーダー(思想的リーダー、実践的先駆者)の立場を確立できる。

「リープレイト・ドットコム」では、情報消費社会における効果的なコンテンツマーケティング戦略について教授している。

ソートリーダーとは、第一人者・先駆者

ソートリーダーは、社会、専門分野や特定分野における第一人者・先駆者と定義され、周囲に対して大きな権威や影響力をもつ。ブランドがソートリーダーとしての立場を確立した場合、消費者のブランドに対する認知度、愛着は高まる。

ブランド認知度やブランド・ロイヤルティ(消費者が特定ブランドの購買を継続する程度)の増大により、企業は飛躍的な成長を遂げることができる。

ソートリーダーは信頼できるコンテンツ・情報を提供すること

ソートリーダーには、信頼できるコンテンツや情報の提供が求められる。

ソートリーダーの立場を確立するには、オーガニック検索結果(自然検索結果)やGoogleニュースフィールドが効果的であると考えられる。

特に、Googleニュースフィールドは場所や関連性などの条件より検索結果を分類できる為、数ある検索エンジンのうち最も信頼できる情報元とする調査結果がある。

また、ターゲット層をより厳密に特定したうえで、検索結果は分類されているという。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダー/話し方教室ニュース・スタップ委員会