話し方教室「企業とカスタマーサービスの相互関係の強化は、オープンコミュニケーションで!」(話し方ニュース東京)

カスタマーサービスは、企業と顧客の最初の接点

カスタマーサービスは、製品やサービスに関する質問、製品の修理依頼、サービス更新などの手続きなど、顧客の問い合わせに対応する。即時的な効率性だけでなく、既存の枠にとらわれず、創造的で独創的な考え方が求められる。

カスタマーサービスは企業と顧客の最初の接点であり、企業文化の核となる。カスタマーサービスを通して、企業と顧客の関係性が見えてくる。

「ビジネス・ツー・コミュニティー」では、企業とカスタマーサービスの相互関係を強化す

オープンコミュニケーションを心がける

カスタマーサービスは企業イメージに直結する為、企業はカスタマーサービス・チームに対してオープンコミュニケーションを心掛ける必要がある。

企業とカスタマーサービスの良好な相互関係は、ビジネスにおける核となる。

企業文化を「明確に表現する」ことの重要性

企業文化は、従業員など内部に企業独自の価値観や行動規範を示し、顧客など外部に企業イメージを与える。

その為、企業文化は、曖昧で紛らわしい表現を避け、筋が通って道理にかなった文章にて定義するのが好ましい。企業はキーフレーズなど上手く使用し、明解に表現するように心掛ける。

企業文化が明確に定義されている場合、自社のカスタマーサービス・チームは、顧客に対して企業文化を体現することができる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会