話し方教室「従業員がリーダーに求めるものは、コミュニケーション能力!」(話し方ニュース東京)

リーダーは資質だけじゃない

マネジメント・ツデイでは5月5日、企業や組織の指導者であるための心得10項目を述べている。従業員が求めるのは、リーダーの資質だけでなく、個性と人間性が影響すると言う。

リーダーには、優れたコミュニケーション能力が必要

指導者には次の10項目が必要だと言う。1は指導者が自身の声で直接語ること。2は自身の物語(真実)を伝えること。3は、イベントで主役はスタッフであることを認識し、1歩下がること。

4はフィードバック。5はコミュニケーション、6は定例会やセッションを設けること。7は話すことよりも聞くこと。8は専門用語ではなく、自身の言葉で話すこと。9は貢献した人を評価すること。

そして最後10、個性をいかすこと。従業員はリーダーにロボットではなく、人間性を求めるからだ。

信頼なくしてビジネスなし

チャータード・マネジメント・インスティテュートが行った調査によると、ビジネスリーダーを信頼している中間管理職は36%。管理職の決定や行動が従業員にも明確と感じている中間管理職は37%だ。

中間管理職の実に88%が自身の地位を重要なポストと認識しながらも、実際に重要だと感じさせる職場だと答えたのは31%。

信頼はビジネス成功の鍵と言われるが、どうコミュニケーションを取るか、自身を理解してもらうか、リーダーとして考える必要があるようだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタップ委員会