話し方教室「あなたは非言語コミュニケーションで、面接に失敗している?」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションの3要素とは?

フォーブズは5月11日、面接で効果的なコミュニケーションをするためのヒントをまとめた記事を掲載した。

コミュニケーションは単に言葉だけの問題ではない。言葉、声の調子、ボディーランゲージの3つの要素から成り立っている。そのうち最も影響が大きいとする説もあるほど、ボディーランゲージはコミュニケーションで重要な役割を果たしている。

まず相手より先に挨拶することが大切だ。親しみやすい笑顔の人は好感を持たれるが、やりすぎると相手におもねっているか自信がないと思われてしまう。しっかり相手の目を見て話す人は優秀だという印象を与えるという研究もある。

人に好感をあたえるボディーランゲージを

少し前傾姿勢になったオープンな態度は、相手の話への興味を示すと考えられる。ほどほどにアイコンタクトを続け、前向きでポジティブな態度を保つ。足や腕は組まない方がいい。

サイコロジー・ツデイによると、豊かな感情、高いエネルギーレベル、声の高低・強弱にメリハリのある人達は他に比べて成功の確率が高いという。熱意を表明できない人達は、不安で自信がないと思われてしまう。さらに相手の動きに従って真似をすると相手を安心させ、より好かれる効果があるという。

こういったボディーランゲージを、今日からでも練習してみてはどうだろうか。慣れれば自然にできるようになり、面接だけではなくいろいろな場面でもっと人に好感を持ってもらえるようになるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/非言語コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会