話し方教室「職場でのコーチング・コミュニケーションは費用対効果が大きい」(話し方ニュース東京)

企業におけるコーチング

人材育成や活性化により企業における人的資産の価値は高まり、企業・組織は成長するといわれる。

人材育成や能力開発には、コーチングが効果的である。研修と異なり、コーチングは砕けた雰囲気で行われ、優れた成果が期待でき、費用対効果が大きい。「エリートビジネス」では、企業におけるコーチング・コミュニケーションについて教授している。

コーチングの目的とコーチの役割

コーチングは創造的プロセスであり、従業員の士気や仕事に対するモチベーションの向上、人材育成・能力開発による企業成長が目的である。

コーチは、リーダーシップや経営成績を改善するなど職場環境を整え、人的資産を最大限に活用することに注力する。個々の課題・問題点や目標を明確に定めたうえで、コーチング目的を達成させることが求められる。

コーチングのプロセスは柔軟に

コーチングにおいて、個々に対して課題、問題点、改善点を認識させることは非常に重要である。コーチは、従業員をコンフォートゾーン(居心地の良い場所)から抜け出させ、コーチングを通して自信を深め、従業員の潜在能力や可能性を引き出す。

また、コーチングは少なくとも数ヶ月、場合によっては数年の期間を要する。自信の程度、能力開発の進捗状況など、コーチはコーチング効果によって臨機応変に対応する必要がある。

コーチの育成方法

コーチングにおいて、コーチを認定する公的資格は存在しない。コーチの育成は1対1にて実践練習が効果的である。コーチ希望者は、プロコーチを相手にコーチング目標を設定し、目標達成に向けてコーチングを行う。

プロコーチは個々のニーズに応じたコーチング手法を用いて、従業員の専門知識・技術を広げ、能力・スキルを高める手腕がある。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コーチング/話し方教室ニュース・スタップ委員会