話し方教室「企業を成功させる鍵は、コミュニケーションにあり!」(話し方ニュース東京)

職場のコミュニケーションはいまだ危機的状態にある

米国のウェブマガジンアントレプレナーは9月21日、職場におけるコミュニケーションを向上させるアイデアをまとめた記事を掲載した。

私たちはみな、自分の感情や考えがうまく伝えられなかった経験がある。例えば上司の考えに反対だとか、歯医者に行くので休みが取りたいとかだ。職場におけるコミュニケーションは難しい場合があり、過小評価されている傾向にある。

ある調査によると、従業員の46%が会議があっても、次に行うべきことがわからないままだという。通信デバイスなどの発達にもかかわらず、職場のコミュニケーションはいまだに危機的な状態にあると言える。

コミュニケーション向上のアイデアを実行すれば生産性が上がる

上司が部下に対してフィードバックしない場合、98%の従業員が仕事に身が入らないという統計がある。効果的なコミュニケーションをする第1の方法は、部下の評価をする時間を作ることだ。ただ相手にどこが悪いかを伝えるのではなく、部下の長所や短所に基づいてうまく育てていくチャンスになる。

次に大事なことは、コミュニケーションにふさわしいツールを用意することだ。毎月6700万人のアメリカ人が利用しているというポッドキャストを採用するのはどうだろうか。

最後に、従業員の業績を表彰するために、月末に朝食会などを開くことをお勧めする。人間の最も強い感情は、自分の必要性を認められることだという。コミュニケーション向上のためのアイデアは、実行に移すだけで従業員の生産性が上がると、多くの研究結果が示している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会