日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室 NEWS:ビジネス社会で、女性がリーダーとして活躍するには?

 
女性リーダーは圧倒的に少ない
近年、女性の社会進出は目覚ましいが、一方、男性リーダーと比べて女性リーダーは圧倒的に少ないのが現状である。

米国シンクタンクであるアメリカ進歩センター(CAP)は、アメリカの代表的500銘柄(S&P500種)に選定された企業において、女性の経営幹部や上級管理職が占める割合は25%、最高経営責任者は僅か6%に過ぎないと報告している。

 
女性のリーダーシップ/画像:pixabay
 
男性社会における、女性リーダー不足と育成促進の必要性
「THE NEWNAN TIMES-HERALD」では、100 Most Influential Georgians誌の2017年ジョージア州で最も影響力のある100人に選ばれた、シチズンズ・トラスト・バンク最高経営責任者のシンシア・N・デイ(Cynthia N. Day)氏の講演を取り上げている。

シチズンズ・トラスト・バンクにおいて、女性の最高経営責任者は史上初となる。


デイ氏は、ニューナン・カントリークラブ主催ランチョンセミナー「Women of Prosperity Luncheon」にて、自身のキャリアを通して男性優位の社会における女性リーダー不足と育成促進の必要性に言及している。

女性のリーダーシップは、コミュニケーション能力がベース
デイ氏の経験上、女性は周囲との協調性や調和性、周囲の心を奮い立たせる力によりリーダーシップを発揮できるという。

デイ氏は、ビジネス社会は男性優位であり、体力や考え方など男女差が存在する為、男性の働き方と女性の働き方は異なると説明する。

男性優位のビジネス社会にて女性が能力を発揮してキャリアアップするには、確固たる労働観や勤労意欲をもつ必要がある。

また、女性はビジネスにおける自身の限界を把握し、無理せず、飾らず、ありのままの自分でいることを心掛けることが重要であると述べている。

■外部リンク
THE NEWNAN TIMES-HERALD
http://times-herald.com/


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーション能力/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。