話し方教室「子供の肥満の原因に、親と子のコミュニケーション不足がある」

肥満は、親のコミュニケーション不足が原因?

11月6日のインディペンデントでは、子どもの「健康管理」に関する親の行動について研究したレポートを掲載。肥満の原因のひとつに、親のコミュニケーション不足があげられている。

肥満児の親達と、ケアワーカーでディスカッション

子どもの肥満は増加しており、世界保健機関(WHO)でも子どもの食生活・健康管理を呼びかけている。

イングランドのコヴェントリー大学研究チーム「イーヘルス・アンド・ビヘイビアー・チェンジ」は、全国から5歳以上の肥満児を持つ22名の両親と、家族を対象に健康管理を行っているケアワーカー1名を含めてディスカッションを行った。

家族の食生活や健康管理への知識不足、成長に合っていない料理の質と量、また捨てるよりも食べるように促す親の行動などをはじめ、祖父母がおやつなどを与えてしまうなどの状況が議論された。しかしその中で、親のコミュニケーション不足が注目される。

コミュニケーションはデリケート、年齢が高くなると困難に

太っていることを気にしている子どもも少なくないため、食べ過ぎを指摘することで自信をなくす、不安を引き起こすのではといった懸念を表す親もいた。あるいは食事制限にストレスを感じる、摂食障害を引き起こすのでは、と心配する親も見受けられたという。

コミュニケーションはデリケートな問題だ。無視できないが、年齢が高くなるにつれ親の対応は困難になるようだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/親子コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタップ委員会