あがり症克服の話し方教室「弁護士が教えるパブリックスピーキング術とは?」(話し方ニュース東京)

ビジネスに不可欠のパブリック・スピーチ

ビジネスでは、営業、契約交渉、会議やミーティング、プレゼンテーションなど社内・社外にて人前で話す機会は少なくない。それゆえに、ビジネスパーソンにとって、パブリック・スピーチは不可欠なスキルであるといえる。

「アバブ・ザ・ロー」では、ニューヨーク州マンハッタンにて弁護士事務所を経営する弁護士がパブリックスピーキングについて助言する。

スピーチの恐怖や不安、あがり症を克服するには

失笑された、人前で批判・批難された経験などを理由に、スピーチに恐怖や不安を感じ、あがり症である場合、自分が蝶になる存在であると考える。イモムシは辛いサナギの時期を経て蝶になるが、困難・苦悩・障害を乗り越えて成果を出す状況を比喩する。

また、パブリックスピーキングに対する恐怖や不安を肯定的に受け取ることにより、アドレナリンが分泌され、脳や身体は恐怖や不安など否定的な感情を克服できるといわれる。

話し手自身の言葉で、メッセージを伝える

パブリックスピーキングにおいて、話し手は、聞き手に対して、話の核心となるメッセージを強調する必要がある。メッセージにおいて他者の言葉などからの引用は話し手独自の言葉でなく、1つに止めるのが好ましい。

メッセージは、明瞭簡潔に、説得力をもって話し手独自の言葉や表現にて伝えることが重要である。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/あがり症克服/話し方教室ニュース・スタップ委員会