話し方教室「誰でも話し上手、聞き上手になれるコミュニケーションスキルのコツ」

コミュニケーションスキル・アップ!3つのポイント

ハッフポストは11月24日、コミュニケーション&リレーションシップのエキスパートによるアドバイスを掲載。少し意識するだけで、コミュニケーションスキルは向上するという。

会話には「一呼吸おく」ことも大事

ここでは日常からビジネスまで使える3つのコミュニケーションスキルについて、専門家がアドバイスを行っている。会話では、会話を続ける・つなげることを意識することが大切だという。コミュニケーションの促進が、理解につながるからだ。

まずは会話の合間に一呼吸おくこと。人は話を聞いていると思っても、しばしば聞いていないことがある。一時停止することでテンションが下がり、相手の反応を見ようとする、メッセージを理解しようとする努力につながる。注意して聞くようになるため、論争や緊張状態のときに役に立つという。

相手の話が「伝わった」ことを、相手に伝える

また、相手の話を自分が理解したかどうかをまず認識してもらい、それから意見を述べること。

どんなに話し手の意見に賛同できなくても、間違っているとしても、すぐにそれを述べてしまうと相手は防御態勢に入ってしまう。「あなたが伝えたいことは、○○ですよね?」と明確にし、伝わったことを示すことで相手も真剣に耳を傾けてくれるという。

言葉以外の非言語コミュニケーションにも注意しよう

そして、声のトーン、表情、ボディランゲージなど言葉以外の反応にも注意すること。

音調や言い回しを変えることで、緊張した会話、険悪な状況などを良い方向に向けることができると話している。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタップ委員会