話し方教室「日常の習慣を変えて、子供とのコミュニケーションを深める」

子供に心を開かせ、コミュニケーションを深める

ファンダメンタリー・チュードレンのクレア・ギリーズ氏によれば、子どもに心を開かせ、よりコミュニケーションを深めるためには、日常の習慣を変えれば良いとして、9日の記事においてその方法を紹介している。

イギリスにおいて行われた「親に対する子どもからの質問回数」に関する調査によれば、平均2分36秒ごとに1つの質問がされることが分かった。

それだけ子どもは探求的で想像力に満ちあふれており、その質問に回答したり、質問を返したりすることで、コミュニケーションの幅が広がり、子どもの洞察力の発展にもつながるとしている。

親子で家事をしたり、スポーツをしたりで関係を深める

家事を手伝いたがる子どもは多くいるため、家事にも子どもを参加させてコミュニケーションを図ることが大切だ。自由にやらせることは、ストレスを与えなくて良い場合もあるが、親が適切なやり方などを教えることで、その中から関係性を深められるほか、責任感を持たせることができる。

また、スポーツをしに出かけることで、物理的な距離が近づくほか、お互いをより知ることができる。「自分の番まで待つ」ことや「勝ち負け」、「物事の分け合い」など、スポーツの中でのコミュニケーションを通じ、社会的に必要な能力も身に付けさせられるとしている。

話し方教室の要点「親と子のコミュニケーションのポイント」

親が子どもに心を開かせ、コミュニケーションを深めるコツとは。そのヒントは普段の生活の中にある。日常生活の中から3つの視点を提供している。

1.子どもの質問に答えたり、質問を返したり。

2.子どもを家事に参加させる。

3.子どもとスポーツをしに出かける。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/親子コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会