日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室|潜在的リーダーをいかに見極め、育成するか

 
リーダーに求められる資質とは
刻々と変化するビジネス環境下のもと、企業・組織がリーダー候補となる人材を見極めて、高い能力・スキルを発揮できるリーダーとして育成することは容易ではない。

リーダーの潜在性はリーダーの資質を構築するが、現在の能力・スキル、コンピテンシー(優れた業績、成果・結果を出す行動特性)は、将来的な成功の指標には成り得ない。

「Chief Executive」では、潜在的リーダーの資質について助言する。リーダーに求められる資質は、主に好奇心、熱意、洞察力、決断力・判断力であるといわれる。

 
リーダーシップ/イメージ画像:pixabay
 
リーダーの好奇心とコミュニケーションスキル
好奇心は、根本的なリーダーの資質である。好奇心のあるリーダーは、新たな経験、アイデアや知識を積極的に追及する。自己に対する他己評価、フィードバックを求め、常に学び、向上し続ける。

自己の好奇心を通して、知的、経験、個人的レベルにて周囲を刷新させ続け、変化や改善を促す。


また、リーダーの資質として高いコミュニケーション能力があげられる。敬意や熱意をもって感情的、論理的に周囲を理解し、個人間および集団間における協調性・協和性を高めることが必要だ。

リーダーの洞察力と判断力
洞察力のあるリーダーは情報処理に長け、概念的思考や分析力により莫大の情報から物事の本質を見極める。

合わせて、逆境を跳ね返す能力・スキルを持ち合わせる。それゆえ、リスクを最小限に抑え、状況に応じて周囲を正しい方向性に導くことができる。


潜在的リーダーを見極め、育成する
企業・組織は、好奇心、熱意、洞察力、決断力・判断力に基づき、潜在的リーダーを見極める必要がある。

コーチングなど人材育成・能力開発を通して、リーダーの資質を均衡に伸ばすことにより、最大限のリーダーシップが発揮される。


■関連リンク Chief Executive https://chiefexecutive.net/


話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ワールドニュース・スタッフ委員会/リーダーシップ


コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。