話し方教室「スティーブ・ジョブズに、プレゼンテーション技術を学ぶ」

スティーブ・ジョブズ氏のプレゼンテーション技術

アップル社共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズ氏は、卓越したプレゼンテーション技術をもっていた。

多くが、ジョブズ氏のプレゼンテーションに対して、驚くほどに複雑で洗練された話し方、身振り手振り・ジェスチャー、画像や映像、スライド資料など、あらゆる要素が共和して美しく演出されていたと評価する。

また、自分の言葉で気軽に語り掛ける演出であり、ジョブズ氏のリビングにてソファーに座って話を聞く感覚であると例えられた。

プレゼンテーション技術は、準備・練習量に比例する

ビジネスコミュニケーション専門家であるカルミネ・ガロ氏は、「インク」にて、ジョブズ氏が新商品発表などのプレゼンテーションに際して、準備には何週間もの時間が費やし、メッセージの創出からスライド作成まで全ての過程に関与したと述べている。

生前、ジョブズ氏は、プレゼンテーション技術は練習量に比例すると語っていた。それゆえ、プレゼンテーションに対して妥協せず、時間と努力を惜しまなかった。ジョブズ氏の練習量は、圧倒的に多かったといわれる。

リハーサルは繰り返し行われ、1回あたり数時間にも及び、プレゼンテーション前日と前々日の2日間には当日と同じ服装を身に付けてリハーサルすることを徹底していた。

プレゼンテーションのリハーサル回数

また、ジョブズ氏は、練習量に関して、例えば、プレゼンテーション時間が20分間である場合、リハーサルを少なくとも20回行うと話していた。

最初10回はプレゼンテーション内容に焦点を置き、話の展開・構成、スライド資料などを確認、修正したという。続く10回では、コミュニケーションを重点的に練習。

言葉遣いや表現など言語的伝達、身振り手振り・ジェスチャー、視線など非言語的伝達を満足のいくレベルに達するまで、ひたすら練習を繰り返したという。

話し方教室の要点「プレゼンテーションのポイント」

プレゼンテーションの達人であっても、ちゃんと練習・リハーサルをしていることを理解することが大事。
プレゼン・リハーサルのポイントは3つ。

1.リハーサルの回数は20回。

2.前半は、内容に重点をおく。

3.後半は、話し方・コミュニケーションに重点をおく。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/プレゼン,プレゼンテーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会