話し方教室「メンタルヘルスケアにおけるコミュニケーションの重要性」(話し方ニュース東京)

メンタルヘルスとコミュニケーション

レジャー・エンクワイアラーは1月25日、米国ザ・ナショナル・アライアンス・オン・メンタル・イルネス(NAMI)で行われる無料ケアコースの開催を伝え、メンタルヘルスにおけるコミュニケーションの重要性に焦点を当てている。

精神衛生問題に取り組み、今回無料コースを行うNAMIの調査によると、米国人の5人に1人が精神的な問題で悩んでいるという。総数で6200万人に及ぶ。また疾病管理センター(CDC)の調査でも、精神的な症状を抱えている人がメンタルヘルスへの理解を得られると考えているのは、わずか25%に過ぎない。

1人ではないことに気づく、コミュニケーション機会が大事

今回行われるコースは、メンタルヘルスで悩んでいる人とその家族、友人、介護者などを対象に行う。

コースでは医療事業者はあくまでも医学的な問題を講義する。精神的な病気が脳や肉体にどのように影響を与えるのかを正確に理解させ、その防止法、対応法など具体的なテクニックを覚えてもらう。

講師は、その講義の機会を持つことが重要だと語る。本当に必要なのは知らない人との出会いとコミュニケーションであり、悩んでいる人が「1人ではない」ことに気づくことがケアのポイントだと述べている。

話し方教室の要点「メンタルヘルスケアにおけるコミュニケーションのポイント」

米国人の5人に1人が、何らかの精神的問題で悩んでいるという。それらの人の中で、メンタルヘルスへの理解を得られている人は25%に過ぎないともいっている。

精神的な問題は、なかなか他人には打ち明けづらく、一人で悩み孤立しがちだ。そこで、他人とのかかわり、コミュニケーションをもてる「場」づくりが必要となる。NAMIでは、メンタルヘルスケアと称する「講義」で、その「場作り」を試みている。いいアイデアだと思う。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/医療コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会