話し方教室「コミュニケーション能力開発のための企業内訓練は必須である!」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションスキル向上のための訓練を

ブレイク・モーガン氏は、1月24日、コミュニケーション向上のための企業内訓練が必須であることを記事にした。

コミュニケーションはあらゆるビジネスの中心にあり、優れたコミュニケーション・スキルは、従業員と組織双方に利益をもたらす。あいまいなメッセージは、企業内部だけでなく顧客を混乱させる。

コミュニケーションは、常に向上の余地がある。コミュニケーション向上は、より働きがいを増し、企業の生産性・業績の向上、従業員の能力増大に結び付く。

コミュニケーション訓練がもたらす効果

第一に、職場内のコミュニケーションが良くなる。人々は開放的で、明確な意思疎通が図られている職場で働きたいものだ。あいにく、多くの従業員は、同僚の感情に配慮しないため、対立や職場内のかけひきを生み出している。

訓練では、いかに自分の感情を抑制しながら、他者のニーズを汲み取ることを学ぶ。いかに自らの意思で、明確かつ簡潔に物事を依頼するかが、訓練の要所なのだ。

第二に、文書によるコミュニケーションが改善する。それは短いメールの文章であったり、SNSへの投稿も含む。メールやSNSにおけるエチケットを学び、明確でわかりやすい文書を発信するようになる。

第三に、統一した企業ブランドが醸成される効果である。一人の従業員のまずい対応で、ブランドは傷つく。訓練によって、あらゆる状況で一貫したコミュニケーション・スキルを身につけることが、各々の従業員のブランドを向上させ、延いては企業ブランド醸成につながる。

話し方教室の要点「企業のコミュニケーションスキル訓練」

企業には、従業員の「コミュニケーションスキル開発訓練」が必須である、と述べている。そのメリットは、ざっくり3つ。

1.職場のコミュニケーションがよくなる結果、働きがいが増す。

2.従業員の能力アップにより、企業の生産性が向上する。

3.一貫性のある顧客対応により、企業ブランドが醸成される。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会