話し方教室「効果的コミュニケーションで、職場のほとんどの問題が解決できる!」

「なぜ、コミュニケーションをしているのか」を理解する

コミュニケーションに関する調査結果から、効果的なコミュニケーションができれば、透明性が高まり、論争なども減少、ほとんどの問題も解決できることが分かったとして、ダッカ・トリビュンが1月30日の記事において、その内容を紹介している。

まずは、なぜそのコミュニケーションをしているのか理解するために、文脈や背景をしっかりと把握しておく必要があるだろう。

これらが不明瞭だと、誤った情報を発したり、受け取ったりしてしまう。優れたリーダーシップを発揮し、プロジェクト・チームが最高のパフォーマンスをするためには、効率的なコミュニケーションが必要不可欠になってくる。

計画的コミュニケーションを

そのコミュニケーションを「なぜ?」しているのかが分かったら、話を進めるために次は「なに?」をコミュニケーションするのか、はっきり決めておくことが重要だ。

また、「どこに」向けたもので、「誰に」に伝えたいのか、重点をおいて内容を考えることで、計画されたコミュニケーションが成功につながると言える。

話し方教室の要点「ビジネスコミュニケーションのポイント」

効果的コミュニケーションで色んな問題が解決でき、またビジネスの成功につながると述べているが、これはおおよそ当たっている。

なぜなら、企業のビジネス上の「クレーム」の7~8割は、報連相がらみだからである。つまりコミュニケーションの頻度が足りない、スピードが遅いために、クレームが起こっているのだ。

上記では、「なぜ」、「何を」、「どこに」、「誰に」、と計画的にコミュニケーションをする重要性を説いているが、それだけでは不十分である。2つ付け足しておこう。

「どのくらいのペース(頻度)で」、「どのタイミング(スピード)で」。これも必須なのだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会