話し方教室「リーダーシップを発揮する、効果的なコミュニケーションスキルとは?」

効果的なリーダーシップとは

シェルビー・カントリー・リポーターは1月9日、効果的なリーダーシップに欠かせないコミュニケーション・スキルについてアドバイスを掲載。ジェスチャーとヒアリングは意識しておきたいと語る。

リーダーが意識するべきコミュニケーションスキルは?

どのビジネスにおいても、あらゆる指示はリーダーや上層部からはじまり、各チームやスタッフへと伝えられるのが基本だ。リーダーが望んでいることがスタッフに伝わっていない場合、コミュニケーションが円滑に行われていない兆候であり、リーダーはコミュニケーションスキルを磨いておくことが大切だという。

ではリーダーとしての効果的なコミュニケーションとはどのようなものだろうか。まず明確で簡潔にメッセージを伝える伝え方の練習に時間をとることだが、特に注意したいのが実際に話すときであり、このとき意識するのは「ジェスチャー」と「リスニング」だという。

リーダーは、ジェスチャーとリスニングに注意して話すこと

「ジェスチャー」は視覚的な効果が出る。聞いている間腕を組んでいる、笑っていても拳を作っているなど、何げないしぐさでも、スタッフや交渉相手は過敏に反応してしまう場合もある。

そしてリスニング。「リスニング」は意思を持って聞くことであり、自然に聞こえてくる「ヒアリング」とは異なる。つまり相手に集中することで相互理解が深まり、交渉や説得に効果を発揮する。誤解や紛争を防止する効果もあるという。

話し方教室の要点「リーダーシップのポイント」

リーダーの考えがスタッフに伝わっていない場合、多くは、リーダーのコミュニケーションスキルに要因がある。リーダーに効果的コミュニケーションスキルは必須。その習得ポイントは3つ。

1.明確、簡潔に、メッセージを伝える。

2.ジェスチャーは意識的に用いる。

3.意思を持ってリスニングする。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会