話し方教室「教育劇団が、子供たちの人生のパフォーマンス・スキル高める」

教育劇団で、子どもたちのパフォーマンススキルが向上

サン・ニュースペーパーズは1月11日、教育劇団「ミュージカル・ユース・アーティスト・リパラトリー・シアター(MYART)」の公演について紹介している。子どもたちのパフォーマンススキルが向上するという。

人生の成功をつかむための演劇プログラム

MYARTはコミュニティベースの非営利教育機関であり、特に青少年に対し、舞台芸術の積極的な参加機会を提供している。俳優の養成講座でもなければ賞を獲得できるわけでもないが、カリフォルニアで30年も公演を続け、これまでたくさんの子どもたちが参加している。

創設者の一人であるダナ・ハンシュタイン・ヘンレン氏は、ここでは俳優の卵を育てるのではなく、「自分自身の生活から一歩踏み出し、成功できる勇気」を与えていると話す。参加者が楽しみ明るくなり、自信をつけることが大切だという。

演劇プログラム参加で、コミュニケーションスキルも向上

氏によると、演劇プログラムに参加することにより、読解力、問題解決力、そしてコミュニケーションスキルも向上させることができる。そして仕事理論、チームワーク、ルール制定など、人生におけるパフォーマンススキルに大きく影響すると述べている。

また演劇の練習を通して、自分のしたいことが見つかる、見つけようとする子どももいる。公演が終わる頃には、子どもたちがステージの外で自信を持って歩く準備ができていると話す。

1月に行われるステージは「リトル・マーメイド」だ。

話し方教室の要点「子供のコミュニケーション能力アップ」

子どもが演劇プログラムに参加することにより、多くの能力を向上させることができると紹介している。その主な能力は3つ。

1.読解力、問題解決力。

2.コミュニケーション能力。

3.チームワーク、協働の能力。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会