話し方教室「殆どのリーダーが、職場でのコミュニケーションに不安を持つ」(話し方ニュース東京)

上級リーダーは、コミュニケーションスキルに不安を抱える

インサイトは1月11日、職場の上級リーダーがコミュニケーションスキルに不安を抱いているという調査について報じている。そのプレッシャーは、従業員全体の平均を2倍上回っているという。

リーダーのコミュニケーション不安は、月10回、従業員の2倍

このレポートは、英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート(RADA)が1,000の職場のシニアリーダーを対象に行ったもので、取締役クラスのリーダー94%がコミュニケーションへの不安を感じているという。

リーダーの39%がパフォーマンスに不安があり、31%は話すとき緊張する。また同等の31%は、メッセージが長いのか短いのか、スタッフが聞いているのかなど言葉選びなどに不安を感じているという。

シニアリーダーが不安を感じるのは毎月平均で10回、全英の労働者の2倍にも及ぶという。

姿勢、ジェスチャー、振舞いの見直しで解決できることも

RADAの教師によると、職場でのコミュニケーション訓練を目指すかどうかは、組織内で不安に対する最低レベルと最高レベルを抽出する必要があると話す。

もっとも、コミュニケーション訓練以前に、姿勢、ジェスチャー、振舞いなど小さな行動を見直すことで解決できることもある。

話し方教室の要点「リーダーのコミュニケーションスキル不安」

職場の上級リーダーでさえコミュニケーションスキルに不安を抱いているという。その不安の主なものは3つ。

1.パフォーマンスに不安。

2.話す時に緊張。

3.言葉選びに不安。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会