ビジネスコミュニケーションの話し方教室|コミュニケーションのスピードアップをはかれ - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|コミュニケーションのスピードアップをはかれ

 
コミュニケーションにおけるスピードの追求を
ANT TELECOMの業務執行取締役 クラウス・アリオン氏は、2月15日、コミュニケーションのスピードこそが、すべての利害関係者のニーズを満たすために必要不可欠であるとした。

 
ビジネスコミュニケーション/イメージ画像


最も高いレベルで「生産性・協働・顧客満足」を提供するため、企業が検討すべき3つの秘訣は以下のとおりだ。
より進歩した通信環境の構築
企業は伝統的に、電話オペレーターを配置してきたが、現在はより柔軟なアプローチが求められている。

たとえば、営業において見込み客と顧客に公平な即答を行うために、すべてのチームメンバーに等しく呼び出しをかける必要があるかもしれない。

鍵となるのは、内部からも外部からも継ぎ目なく動作する「最高の通信環境」の検討である。
コールシステムと携帯端末の統合
現代の産業において、遠隔地の労働者が、かなりの比率を占めている。動き回るスタッフ、本社、および顧客が効率的に、協働し、情報を共有し続けることが必須となる。

遠隔地の労働者に、効果的で多才な解決策を提供するために、企業のコールシステムと携帯端末との統合を支援することだ。
テレビ会議でコストダウンと人間関係構築
かつて大組織の利用に限られていた、オーディオとテレビ会議ソリューションが、現在ではあらゆる規模の組織にアクセス可能となった。

テレビ会議は、出張のための移動時間や旅費を省き、人間関係を継続的に築きながら、ミーティングの機会を提供する貴重なツールである。

■関連リンク BQLive http://www.bqlive.co.uk/

まとめ/話し方教室の視点:ビジネスコミュニケーションのスピードアップ

話し方教室:企業のコミュニケーションのポイント

企業経営の最重要テーマが「スピード」になってきた。世界がインターネットで結ばれ、最新の情報が瞬く間に世界中に行き渡る時代になった。

そんな時代に企業に求められることは、顧客ニーズに、どこよりも早く応えることになる。アマゾンを見ても、翌日配送は当たり前だ。それが、もっと早くなろうとしている。

企業が「量」を安く生み出す手段は、世界的視野で見れば、すでにある。そうすると、あとは「質」。ただし、「質」に際立った違いでもなければ、差別化のカギは「スピード」にならざるを得ない。

なんとも大変な時代になったものだが、生き残るには環境に適応するしかない。顧客満足の名の下に、チームの協働により、顧客に価値をすばやく提供する企業が生き残る。

そのための秘策が「コミュニケーションのスピードアップ」になってくるのだ。機器によるスピードアップはどこも似たり寄ったり。残るは、人と人との連携のスピードアップだ。

そのヒントが①進歩した通信環境、②コールシステムと携帯端末の統合、③テレビ会議、と記事は言っている。


■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。