コミュニケーションスキルの話し方教室|ビジネスにも、人間関係構築にも役立つ「アクティブ・リスニング」 - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|ビジネスにも、人間関係構築にも役立つ「アクティブ・リスニング」

アクティブ・リスニングのステップ
2月14日のMichigan State University(ミシガン州立大学)では、リーダーシップスキル向上を目的とした「アクティブ・リスニング」の学習について掲載。積極的に聞く姿勢を示す、5つのステップを紹介している。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像:photoAC
 
聞くことに集中、時折り要約する
アクティブ・リスニングは、リーダーにとって強力なツールとなり、情報取得と見直しのヒントにもなる。また他人との関係構築をしようと言うときにも役立つ。ここではその具体的な方法を紹介している。

まずは「聞くことに集中する」。話を聞く際、内容の要因などに気をとられるときがある。ここで反論して話を脱線させるのではなく、まずは慎重に耳を傾けること。

また「聞いているという姿勢を示すこと」。アイコンタクトやボディーランゲージのほか、「はい」、「それで」など促すことで、相手は話しやすくなる。

もう一つは「フィードバックを提供すること」。話し手の内容を定期的に要約し、「これは○○と言っているように聞こえる」、「○○は何を意味しますか」など相互理解を求めること。

自分自身の意見は、相手の話が終わってから
さらに「話が終わるまで別の人の意見を求めないこと」。こうした行動は中断する傾向があり、話し手を苛立たせることがあるからだ。

そして最後に「率直であること」。相手への返答には自身の目標や意見を持っていることも大切だとしている。


■関連リンク Michigan State University http://msue.anr.msu.edu/ 

まとめ/話し方教室の視点:積極的傾聴のポイント

話し方教室:コミュニケーションスキルのポイント

記事はアクティブ・リスニング(積極的傾聴)の5ステップについて述べている。

①聞くことに集中する。

アイコンタクト、ボディーランゲージ、相づちで「聞いている姿勢」を示す。

③時折フィードバックする。

④相手の話が終わるまでは、別の人の意見を求めない。

⑤相手への返答は率直に。

誰しも、「自分の話を誰かに聞いて欲しい」と思っている。話し下手な人ならなおさらだろう。しかし、意識的に訓練していただくとわかるのだが、「相手の話を傾聴する」ことがいかに難しいか。

記事は、ただの傾聴ではなく、「積極的」傾聴について述べたものだ。「積極的」がつく以上、そこにはスキルが必要だ。相手に自分が「聞いている」ことを、わからせる、コミュニケーションスキルである。

そのスキルが、アイコンタクト、ボディランゲージ、相づち、要約ということになる。

幸いアクティブ・リスニングは、自分の心がけだけで実践できる。日常の中で意識的に取り組み、今日よりも明日、明日よりも明後日と、上達していけばよいのだ。


■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。