話し方教室「子供のコミュニケーション能力のために、語彙力を高める」(話し方ニュース東京)

子どもにより多くのスピーキングとリスニングの機会を

ワディントン・アンド・ウェスト・ブラッドフォード・シーイー小学校の教師であるレイチェル・ロピコロ氏によれば、子どもがコミュニケーションをする上で重要な語彙を増やしてあげることは、その後の人生においても有益であるとしており、テスの20日の記事においてその方法が紹介された。

子どもの語彙を増やすには、より多くのスピーキングやリスニングの機会を与えることが大切で、ロールプレイをしたり、友だちと話をしたりすると、新しい言葉に出会い、その言葉を試す場にもなるとしている。

語彙を増やす必要性、コミュニケーションの重要性を教える

子どもに手紙を書かせる機会を与えることも、効果的に語彙を覚えさせる方法だ。ただ単に手紙を書かせるのではなく、実生活で存在する人物に宛てて書いたり、自己紹介のようにしたりすれば、実際に使える言葉が身に付く。

ロピコロ氏は、このように子どもに対し、現実的な方法で言葉を使わせることで、語彙をなぜ増やす必要があるのか、コミュニケーションがいかに重要かを教えることもできるとしている。

話し方教室の要点「子どものコミュニケーション能力を高めるポイント」

記事は、子どもがコミュニケーションをする上で重要となる「語彙」を増やしてやることは、その後の人生においても有益である、とのべている。

その語彙を増やす方法として、より多く話させ、より多く聞かせることが大事といい、3つの方法も紹介している。

1.ロールプレイング(役割練習、役割演技)

2.友達とのお喋り

3.手紙をかかせる

子どもに教えるときは、まずは楽しく、簡単なことからがいい。上記なら、2⇒1⇒3の順だろう。

「お勉強」という感じではなく、「ゲーム、遊び感覚」の中で学ばせる方が身につくのは、皆さんの子ども時代を振り返れば自明ではないだろうか。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会