日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

リーダーシップの話し方教室|マネージャーからリーダーになるには、どんなスキルが必要?

 
リーダーには、アクセシビリティが大事
business.comは2月21日、マネージャーからリーダーになるためのスキルについて専門家のアドバイスを掲載。「アクセシビリティ」の重要性を指摘している。

 
リーダーシップ/イメージ画像:photoAC
 
他人への影響力を発揮するためにコミュニケーションスキルを
リーダーには様々なスキルが要求される。しかし2013年のCIPDの調査によると、マネージャーの3分の1が従業員管理を行う上で適切なトレーニングを行っていないことが明らかになった。

昨年マイクロソフトもビジネスの懸案事項としてトレーニング不足を提起しており、現在も課題となっているようだ。

スピーキングの認定者であるHanke氏は、リーダーシップの能力として、他人への影響力をあげている。そのためには、コミュニケーションスキルを学び発揮することだと述べている。

従業員とつながるリーダー、ともに行動するリーダーに
様々なスキルの中で、「アクセシビリティ」に触れている。これは(リーダーへの)アクセスのしやすさということだが、マネジメント・リーダーと従業員の信頼関係の構築が不可欠である。

リーダーは、従業員と積極的に行動し、努力を支援する機会を設けることが大切だという。
「私は委任者ではなく、行動する者だ」という言葉を発するマネージャーは、その献身的な行動がリーダーへの昇進をもたらしていると話している。

■関連リンク business.com https://www.business.com/

まとめ/話し方教室の視点:他人への影響力を発揮するリーダーになるポイント

話し方教室:リーダーのコミュニケーションスキルのポイント

記事は、マネジャーからリーダーに脱皮していくために何が必要かを述べている。具体的にはリーダーシップ能力として、「他人への影響力」をあげ、それを発揮するためには従業員との「信頼関係構築」が重要だと言っている。

そして「信頼関係構築」には、「アクセシビリティ」と、「ともに行動する姿勢」が大事であり、それを支えるものが「コミュニケーションスキル」と言っているのだ。

つまり、マネジャーは「仕事」を見ていればよいのだが、リーダーは、それだけではなく「人」も見なければならないということだ。

リーダーは人への「影響力」を発揮することが重要になり、そのためには「コミュニケーションスキル」を学ばなければならない、と記事はいっているのだ。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。