話し方教室「コーチングが、ハイパフォーマンスカルチャーを構築する」(話し方ニュース東京)

コーチングの重要性が高まっている

刻々と変化するビジネス環境下では、リーダーの効率的思考に加えて、従業員の能力・スキルが企業・組織の運営に大きく影響する。

それゆえ、コーチングの重要性が高まる。「ピープル・マターズ」では、コーチングについて論じている。

ハイ・パフォーマンス・カルチャーを構築するコーチング

コーチングは体系的手法であり、人材育成や能力開発に有益である。

個々の思考プロセスを改善させ、目的や目標達成を実現させる。問題・課題の効率的な解決を可能にする。また、リーダーは、コーチングを受けることにより管理能力が増し、周囲の能力・スキルを最大限に活かせる。

コーチングにより、効率性や生産性が高まり、ハイパフォーマンスカルチャー(高い業績を追求する組織文化)が構築される。

正しい目標設定とフィードバックが肝心

目標設定は、コーチング成果に影響を与える。達成可能な範囲にて、正しい方向性の目標設定が重要になる。リーダーは、目標達成過程に対する建設的フィードバックを定期的に行うことが求められる。

コーチングでは、個々に応じたコミュニケーションが不可欠である。例えば、助言する際には、自己の体験・経験に基づいて話を展開すると具体的に伝わり、相手の理解を得やすい。つまり、リーダーは、人や状況によって言葉や表現を変え、臨機応変に意思疏通を図る必要がある。

話し方教室の要点「コーチング・コミュニケーションのスキル」

日本に「コーチング」というコミュニケーションスキルが入ってきて、もう20年くらいになるだろうか。今では大手企業が幹部の能力開発にコーチングを取り入れていることも少なくない。

しかし、どれだけ効果が上がっているのかは、一般的にはあまり明確になってはいない。

さて、コーチングを成功させるにもポイントというものがある。それは3つだ。

1.目標設定の妥当性。

2.目標達成過程に対するコーチからの建設的フィードバック。

3.クライアント個々に応じたコミュニケーション・意思疎通。

部下へのコーチングがうまくいっていない上司は、上記3点のいずれか、または、全部に問題があることになる。時折りチェックしてみてはどうだろうか。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コーチ,コーチング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会