日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

親子コミュニケーションの話し方教室|子供を成長させるコミュニケーションの方法

 
子供の健やかな成長に欠かせない「親と子の会話」
28年の教師歴をもつエリザベス・ハミルトン氏は、3月7日、子供の健やかな成長のために、欠かせないコミュニケーション方法を記事にした。

 
親子コミュニケーション/イメージ画像:photoAC


子供とお互いに話す時間が増えれば増えるほど、子供たちは自信をもって成長する。話し方や聞き方を学ぶほど、社交的で成績が良くなるのだ。

子供との会話の際に、注意すること
子供のしていることや興味のあることを、たとえ意味のなさそうな事柄でも広く話し合いなさい。お互いが会話の主導権を共有し、自分の考え方や言葉を表現する時間を与えなさい。

指図をするような教え方は、委縮してしまいます。親が子供と、一層パートナー的な関係になるとき、より時間を楽しんで、より長く集中するようになります。何かを作ることより、お互いの会話から多くのことを伝えてください。

独り言を長い間、放っておいてはいけません。独り言を聴き、言葉やアイデアに反応してあげることで、他者との会話能力が芽生えていくのです。子供が、自分の興味について話すことは当然です。その上で、他者の興味や彼ら自身について話すことを促すようにしなさい。

判断や失敗を気兼ねなくできない限り、十分なコミュニケーション能力を発揮できません。自由に考えを表現できて、親や他者により興味がわくのです。

会話の習慣を身に着けてきたら、「人の話をよく聴くこと」、「会話を遮らないこと」等の、社会的な会話のルールを教えるのです。

■関連リンク Marianas Variety http://www.mvariety.com/

まとめ/話し方教室の視点:子供を成長させる会話コミュニケーション

話し方教室:会話のコミュニケーションスキルのポイント

記事は、子供を成長させる「親子の会話」について述べている。お互いに話す時間が増えれば増えるほど、子供たちは自信をもって成長し、社交的で成績も良くなると言っている。

ポイントは、意訳すれば3つある。

①親から積極的に子供に働きかけて、会話をすること。

②親が子供に指図する会話ではなく、対等なパートナーとして接すること。

会話の習慣が身に着いたら、「人の話をよく聴く」、「会話を遮らない」等の、社会的な会話のルールも教えること。

まず、「会話は楽しいもの」ということを体験させ、その後に「会話や人付き合いのルール」を教えていくことが大事というわけだ。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。