日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

親子コミュニケーションの話し方教室|生後1歳未満の赤ちゃんとコミュニケーションをするには?

 
乳幼児にサインランゲージを教えるメリット
ゴダードスクール教育諮問委員会の議長を務めるリー・スコット氏によれば、生後6か月から8か月の間にサインランゲージを教えることで、乳幼児と効率的なコミュニケーションがとれるようになるとしており、その教え方などが、Fatherlyの7日の記事で紹介された。

多くの乳幼児は1歳ほどで、コミュニケーションを自発的にとりたがるようになるが、うまく話すことができず、不満がたまってしまうことがある。

サインランゲージを教えることで、話せないときから親とのコミュニケーションが可能となるほか、言語能力の発達や、認知発達にも良い影響を与えると指摘した。


 親子コミュニケーション/イメージ画像
 
シンプルに、リラックスして、楽しんで、教える
「寝たい」や「食べたい」など、10個ほどの簡単なサインランゲージから始め、言葉と行動を示して教えてあげることで、言葉と行動の関連性を認知できるようになる。

食事をしているときに、「おお、食べてるね。おいしいね!」などと声を掛け、「食べたい」というサインランゲージをしていると思ったら、「食べたいの?」など、質問をしてあげることも大切だ。

リー・スコット氏は、何よりもシンプルに、リラックスして楽しんで教えることが大事だとしている。


■関連リンク Fatherly https://www.fatherly.com/


まとめ/話し方教室の視点:親と乳幼児のコミュニケーションのポイント

話し方教室:親子のコミュニケーションのポイント

親が乳幼児との効率的なコミュニケーションを図るには、生後6か月から8か月の間にサインランゲージを教えるのがよい、と記事は言っている。

サインランゲージを教えるメリットは3つあるようだ。

①子どもが話せない時から親とのコミュニケーションが可能になる。

②子どもの言語能力の発達を促す。

③子どもの認知発達にも良い影響を与える。

言語教育は早いうちからやった方がよい、ということのようだ。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。