日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

スピーチの話し方教室|スピーチに対する苦手意識を克服する

パブリックスピーチに対する不安、恐怖、苦手意識を克服する
職業や社会的立場に関わらず、パブリックスピーキングを経験する機会は少なくないだろう。パブリックスピーキングは成長や向上を促すが、一方、多くは人前で話すことに対して不安、恐怖を抱く。

トーストマスターズ・インターナショナルのバベル・タレン(Babel Talen)氏は、「I AM EXPAT」にて、自己の経験よりパブリックスピーキングの不安、恐怖を克服する術を助言する。

なお、トーストマスターズ・インターナショナルは、パブリックスピーキングの上達を目的とする国際的非営利教育団体である。

 
スピーチ/イメージ画像:pixabay
 
話力を高める努力をしなければならない
パブリックスピーキングにおいて重要なのは、完璧なスピーチではない。過去の経験を振り返り、失敗より学ぶことである。時間や労力は惜しまない。

概して、パブリックスピーキングには、自信、一貫性、社交性が求められる。また、話し手には演説術、話術が必要になる。話す力は生まれ持った能力・スキルであるが、訓練や実践により向上し、改善できる。

タレン氏は、母語がスペイン語であり、内向的な性格であった。過去の失敗より、人前で話すことを苦手としていた。しかしながら、小学生時代のスピーチコンテストにて、パブリックスピーキングに対する苦手意識を克服する。

タレン氏は、スピーチコンテストに備えて、約1年間、毎日のように英語の朗読を繰り返した。両親や教師から建設的フィードバックを受け、自己のスピーチスキル改善に活かした。

失敗してもめげないこと
話す力の向上に対して多大な時間や労力を費やしたが、好ましい結果・成果が得られないこともある。

特に、パブリックスピーキングが失敗に終わった場合、重要なのは努力を惜しまなかった姿勢に自信をもつことである。


タレン氏は、失敗は成功の過程にあり、努力は報われると述べている。また、必要に応じて、周囲のサポートを受けるように推奨する。

■関連リンク I AM EXPAT https://www.iamexpat.nl/ 

まとめ/話し方教室の視点:スピーチの苦手意識を克服するポイント

話し方教室:スピーチの、あがり症を克服するポイント

世界中の多くの人達は、スピーチに対する苦手意識を持っている。これは、これまで何度も証明してきたところだ。

記事はバベル・タレン氏のスピーチの不安・恐怖克服術について紹介している。ポイントは3つある。

①スピーチの話力を高めるために時間、労力を惜しまず訓練すること。

②失敗は成功のもと、失敗に学び、めげないこと。

③必要に応じ、周囲のサポートを受けること。

記事の内容は概ね正しいのだが、一部間違っているところがある。「話す力は生まれ持った能力・スキルである」と本文中に記述してあるが、これは間違いである。

なぜなら、「言語は後天的に獲得する能力」というのが通説だからだ。国の内外を問わず、スピーチを教えている人達にはこの程度の理解の人達も少なくない。困ったものだと思っている。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。