日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|より良い第一印象を与えるアプローチとは?

短い会話をして共通点を見つける
キャリアを成功に導く方法などを紹介しているMind Toolsが、3秒ほどで決まってしまう第一印象に関して、より良くさせるアプローチなどを3月27日の記事で紹介している。

まずは、可能な限り相手に良い印象を与えるため、短い会話をして自分というものを知ってもらうことが大切だ。

ゴルフをするのかなど、相手と共通の趣味があるか確認することで、お互いを知ることができる。また、もし共通点が見つけられれば、印象も良くなり、会話を流れるように進めることもできるだろう。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像
 
言葉よりも重要なボディランゲージ
言葉よりも相手に印象を与えるボディランゲージに、注意を払う必要がある。

しっかりと笑顔で立ち、アイコンタクトを忘れず、あいさつとともに力強い握手をするだけでも、相手に自信などを示すことができ、緊張感もほぐれ、良い印象を与えられる。


更に、あなたの態度や見た目も、第一印象において大切な要素だが、身なりを良く見せようとさせたり自分を偽ったりせずに、いつも通りに接することができれば、自信もつけられるほか、信頼も得られるだろう。

■関連リンク Mind Tools https://www.mindtools.com 


まとめ/話し方教室の視点:第一印象をよくするコミュニケーションのポイント

話し方教室:第一印象をよくするコミュニケーションスキルのポイント

「第一印象をよくしよう!」とは、よく言われることである。その意味するところは、悪い印象を与えた場合、後で覆すのは困難だからである。

記事は、その第一印象をよくするコツを述べている。ポイントは3つある。

①短い会話をして、共通点を見つけること。

②笑顔、アイコンタクト、姿勢、態度などに注意すること。

③肩の力を抜いて、いつも通りに接すること。

上記の3点は、付け焼刃ではなかなかできないこと。普段から意識的に取り組んで、いつでもできるように、ものにしておくことが「いざ」と言う時に活かせるポイントである。


■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。