話し方教室「周囲によい影響を与える話し方・プレゼンのコツ」(話し方ニュース東京)

話題に集中し「聞く」こと、そして「発言」すること

ビジネスなどのチームに対して、話し方や姿勢を改善することで、良い影響が与えられるとして、プレゼンテーションのプロであるサイモン・デ・ シントラ氏が、トレーニングゾーンの18日の記事で、その方法を紹介している。

会議などにおいて、考えを頭の中だけで思っているだけでは、全く相手に伝わることがない。一人で処理をしようとするのではなく、話題に集中し、一方的な発信で終わらないことが重要だと言える。

その場の状況をしっかりと読み取って、「聞く」インプット、及び「発言」アウトプットするということを忘れてはならない。

同じことを何度も繰り返さない、フェアな会話ができように

しっかりと物事を伝え、良い影響を与えたいのであれば、詳細を何度も話すのは、相手にとって不快になってしまうため、事前の準備も重要だ。

また、お互いにとって「フェア」な会話ができる環境を構築すれば、従業員の結束を促し、信頼を高めることにもつながっていく。自然な形で信頼を得られれば、従業員が伝えたかった情報もスムーズに入ってくるようになり、こちらからの影響も与えやすくなる。

話し方教室の視点「話し方を改善し、周囲によい影響を与えるコツ」

1.会議の際は、話題に集中し、よく「聞く」こと。一方的「発言」にならないようにすること。

2.詳細を何度も話すのは、相手にとって不快。事前の準備が重要。

3.「フェア」な会話ができる環境をつくることで、従業員の結束を促し、信頼を高める。

ビジネスでチームによい影響を与えるには、話し方や態度を改善していくことが大事だ。そのためには客観的視点での訓練が必要になる。

ビジネスに役立つ話し方やコミュニケーションなら名門校・日本コミュニケーション学院の話し方教室講座で、学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会