話し方教室「相手から、優れたコミュニケーターと認めてもらうには?」(話し方ニュース東京)

優れたコミュニケーターかどうかは、相手が判断するもの

ビジネスのプロは、自身が優れたコミュニケーターであると考えていることが多いが、良いかどうかは相手が判断するものである。

相手への印象などを改善し、より効率的なコミュニケーションをする方法を、マーチン・ツヴィリング氏がビフォー・イッツ・ニュースの14日の記事で紹介した。まず、相手からの信頼を得ることが、効率的なコミュニケーションをとる第一歩であると指摘。

話す内容が理解されないと信頼を得ることは難しい。そのためよりシンプルに伝え、不要な複雑さを避けることで、しっかりと話の内容が理解され、考え方に変化をもたらすこともある。

理論的および感情的に話し相手の感情にも訴える

理論的に話すだけでは、相手の心に響かず、形式的なコミュニケーションにとどまってしまう。そのため理論的及び感情的に話し、相手の感情にしっかりと訴えかけなければならない。

また、しっかりと現状で認識されていることと、現実のギャップやゆがみを把握するために、しっかりと話を聞くことも大切なステップだと言える。このギャップやゆがみを少なくすれば、よりスムーズなコミュニケーションが可能となる。

話し方教室の要点「シンプルなコミュニケーションで、相手の信頼を得るポイント」

1.話す内容が理解されないと信頼を得ることは難しい。そのため、よりシンプルに伝え、不要な複雑さを避けること。

2.理論的及び感情的に話し、相手の感情にもしっかりと響かせること。

3.しっかりと話を聞くことで、理解のギャップやゆがみを是正すること。

相手の信頼を得るには、効率的、効果的なコミュニケーション・スキルが必要になる。それらはなるべく人生の早い段階で習得することが望ましい。コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会