日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室|チームに最適なリーダーシップスタイルを見つける

 
リーダーシップスタイルが与える影響とは
リーダーシップには様々な種類があり、リーダーには組織・企業、チームの特徴に適合したリーダーシップスタイルを使い分けることが求められる。

刻々と変化するビジネス環境下では、適したリーダーシップにより、効率性・生産性は高まる。


それゆえ、リーダーシップ類型における特徴や影響力に対する正しい理解は、コミュニケーション、問題解決、協調性・調和性、人材育成・能力開発を促す。「TechRepublic」では、リーダーシップ類型の特徴を紹介する。

 
リーダーシップ/イメージ画像:pixabay
 
ビジョン型リーダーシップとは
ビジョン型リーダーシップでは、知識、経験・実践、自信、共感力が重視される。したがって、知識や経験が豊かな人材には適さない。

リーダーは、チームに正しい方向性を示し、目標・目的を共有する。問題解決、目標達成の過程にて、チームに対して命令するのではなく、チームに主導権を与え、自主性を尊重する。

コーチング型リーダーシップとは
コーチング型リーダーシップでは、コミュニケーションの活性化や各チームメンバーに対する理解、人材育成・能力開発を促す。

また、各チームメンバーの目標と企業・組織のビジョンに関連性をもたせる。ミレニアル世代をはじめ、知識や経験は浅いが目的意識の高い人材に適している。


コーチング型リーダーシップにより、組織やチームにおいて良好な人間関係が構築され、関係性を強化できる。チームメンバーは、リーダーに対する信頼・信用を寄せる。

親和型リーダーシップとは
親和型リーダーは傾聴力が高く、個々の思考、考え・アイデアを理解したうえで、個々に対して否定的な影響を与えないように意思決定に活かす。

定期的なミーティングなど、コミュニケーションの機会を設け、相互理解を深め、情報共有を行う。


組織・チーム全体の業務を通してチームの協調性・調和性、感情的親密さを強め、チームビルディング、人間関係の改善に効果的である。

親和型リーダーシップに類似した種型として、民主型リーダーシップが挙げられる。


ペースセッター型リーダーシップとは
ペースセッター型リーダーシップでは、リーダーとチームメンバーともに高い能力・スキルが求められます。

結果重視主義であり、目標・目的を明確にしたうえで共有し、結果を出せる過程を模索する。実力重視の組織では有効であるが、チーム間のバランスを維持するのは容易でない。


■関連リンク TechRepublic https://www.techrepublic.com/


まとめ/話し方教室の視点と要点:リーダーシップスタイルとチームの人間関係のポイント

①ビジョン型リーダーシップ:知識、経験・実践、自信、共感力が重視される。したがって、知識や経験が豊かな人材には適さない。

コーチング型リーダーシップ:組織やチームにおいて良好な人間関係が構築され、関係性を強化できる。

③親和型
リーダーシップ:組織・チーム全体の業務を通してチームの協調性・調和性、感情的親密さを強める。人間関係構築に効果的である。

④ペースセッター型リーダーシップ:結果重視主義。実力重視の組織では有効であるが、チーム間のバランスを維持するのは容易でない。

チームの状態に応じてリーダーシップスタイルを使い分ける。リーダーにはその柔軟性が必要である。「自分はこのスタイルを貫く」というリーダーもいるにはいるが、これでは頭が固いと言われても仕方ないだろう。

リーダーのリーダーシップスタイルを、メンバーはリーダー自身の言動で理解する。言語によるリーダーシップの向上なら
話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院の話し方教室講座で、学ばれるのがよいだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。