会話・雑談の話し方教室「子どもの会話力を高める簡単な方法とは?」

「会話」は双方の言葉のやり取りが大切、親が見本に

幼児のときから、もしくは小学生からでも、コミュニケーション・スキルを身につけるのに年齢は関係ない。親は簡単な方法を実践するだけで、子どものコミュニケーション・スキルを高められるとして、その内容がシカゴ・トリビュンの19日の記事で紹介された。

まず子どもとの会話は、双方の言葉のキャッチボールを心がけ、一方的にならないことが大切だ。「話す」ことと同じくらい「聞く」ことも重要であると教えるため、親が見本となって行動で示してあげると良いだろう。

家族以外の人とも会話する、色んなテーマで会話する

定期的に親とだけでなく、他の人とも話す機会を設けてあげることで、子ども自ら積極的に他の子どもや大人と話そうとするようになる。買い物に出かけているときに、これから行く場所について話したり、テレビコマーシャル中は、テレビのプロットなどについて話したりすると効果的だ。

また、家族間で起きていることや、興味を引きつけられる内容など、様々なテーマを取り上げて会話することで、ボキャブラリーの数も増加し、自らも参加して言葉を発していくようになる。

話し方教室の視点「子供の会話力を高める親の接し方のポイント」

1.幼児のときから、もしくは小学生からでも、会話力を身につけるのに年齢は関係ない。

2.子どもとの会話は、双方の言葉のキャッチボールを心がけ、一方的にならないこと。「話す」ことと同じくらい「聞く」ことの重要性を教える。親が見本となる。

3.家族以外の人とも話す機会を設けることで、子ども自ら積極的に他の子どもや大人と話そうとするようになる。

4.様々なテーマを取り上げることで、ボキャブラリーの数も増加し、自らも参加して言葉を発していくようになる。

多くの子供の会話力は、親の会話力がベースになっている。子供に教える親自身が会話力を身につけていることが重要だ。大人の会話・雑談の話し方教室なら、名門校・日本コミュニケーション学院東京をご利用になるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会