話し方教室「戦略的なビジネス展開をするには、従業員とのコミュニケーション方法の確立が重要」

より良いビジネス・コミュニケーション・マネジメントを

会社や組織が、戦略的な展開を始めるには、従業員とのコミュニケーション方法の確立が重要である。

しっかりとしたプロセスを踏み、目的を持って行動を起こせば、より良いビジネス・コミュニケーション・マネジメントが可能であるとして、その方法をザ・カトマンズ・ポストが4月30日の記事で紹介した。

まずは、上層部からの重要事項や伝達事項などがどのように、従業員へ流れていくのか、その道筋をしっかりと構築しなければならない。例えば情報などを受け取る中心人物を配置し、秘書から送られた内容を全従業員に伝えるといった動線を作っておけば、より効率的なコミュニケーションがとれる。

利用可能なあらゆる方法でコミュニケーションを取る

また従業員に対し、Eメールやソーシャルメディア、そしてスタッフミーティングやタウンホール・ミーティングなど、利用できるあらゆる方法で、コミュニケーションをとることで、確実にその内容を伝えられるだろう。

経営者などは、しばしばすばらしいアイデアを思いつき、実行しようとするが、それを実行する理由や背景を、従業員にわかりやすく説明することも、コミュニケーションにおける大切な部分だと言える。

話し方教室の視点「効率的ビジネス・コミュニケーションのポイント」

1.まず、上層部からの重要事項や伝達事項などがどのように、従業員へ流れていくのか、その道筋をしっかりと構築すること。

2.従業員に対し、Eメールやソーシャルメディア、そしてスタッフミーティングやタウンホール・ミーティングなど、あらゆる方法でコミュニケーションをとること。

3.経営者は、しばしばすばらしいアイデアを思いつき、実行しようとするが、それを実行する「理由や背景」を、わかりやすく説明すること。

さて、ビジネス・コミュニケーションの肝は、報告、連絡、相談、打合せである。これについてはこれまで何度も述べてきている。「ホー・レン・ソー・ダ」が上手く回らないことには、ビジネスでの成功はつかめないのだ。

そのためには、まずは「システム」を作り上げること。続いて、決めた事がキチンとできるまで「躾ける」ことがカギになる。

ホーレンソーダを躾けるには、躾ける幹部自身がキチンとできないことにはお話しにならない。ビジネス・コミュニケーションの習得なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会